横浜国立大学大学院都市イノベーション学府の建築都市文化専攻〔博士課程前期〕は、芸術文化を専門とする大学院生と建築・都市を専門とする大学院生が各々の探求を進めながら、知的交流を図るユニークなコンセプトの大学院です。このうち芸術文化を専門とする大学院生の本拠地、それが「Y-GSCスタジオ」です。
「Y-GSCスタジオ」では、2つのコースの大学院生が活動しています。ひとつは建築都市文化コースの都市文化系(芸術文化領域)。自身の研究を修士論文に結実させる、論文修了コースです。もうひとつは、横浜都市文化コースY-GSC。在学中の制作・活動の記録をポートフォリオに集成させるコースです。教員は全員一体となって両コースを指導しています。
「Y-GSCスタジオ」の大学院生は両コースともに、一人の指導教員から指導を受けるだけではありません。複数の教員が指導する「Y-GSCスタジオ」全体の報告会が定期的に開催され、自身の探求を深めることができます。また、教員全員が立ち会う年2回の講評会に臨むことにもなります。
ポートフォリオ修了の横浜都市文化コースY-GSCの大学院生は、自身に必要な科目の集中履修によって制作・活動を進めるのはもちろん、「Y-GSCスタジオ」全体の報告会・講評会を通して、課題や方法を問いなおす機会を豊富に得ることもできます。
こうした「頭部と手足」の循環運動。それが建築都市文化コース(芸術文化領域)と横浜都市文化コースY-GSCを備えた芸術文化探求の拠点、「Y-GSCスタジオ」の大きな特徴です。
修了後は各界で活躍する道のほか、都市イノベーション専攻〔博士課程後期〕に進学し、「Y-GSCスタジオ」を本拠地にさらに研究を深める道を歩むこともできます。
組織図