Y-GSCスタジオは、どのような大学院なのですか?
Y-GSCスタジオは、芸術文化系学部(文学、美術、映画、音楽などに関わる学部)の発展型だと考えてください。Y-GSCスタジオは、理論と実践の融合した芸術文化ラボです。理論的な探求だけではなく実践に関心を持つようになった人たち、実践だけではなく理論的な探求をしたい人たちに来てもらいたいと思っています。そのために「建築都市文化コース都市文化系(芸術文化領域)」と「横浜都市文化コースY-GSC」があるのです。
「建築都市文化コース都市文化系(芸術文化領域)」の学生と「横浜都市文化コースY-GSC」の学生は、一緒に活動するのでしょうか?
一緒に活動します。前者は論文修了、後者はポートフォリオ修了ですが、共に受講する講義科目や演習科目があり、それぞれのスタジオ内で共同作業するスタジオ科目もあります。
建築や都市について知識がありませんが、この大学院に進学できますか?
進学できます。Y-GSCは学生の関心を最大限に重視します。と同時に、異なる研究領域に関心を持つことも期待します。必ずしも各自の研究を都市や建築に関連づける必要はありませんが、各自の研究を土台に建築や都市分野との知的交流を図り、新しい角度から自分の研究を捉え直す心構えを持つことを求めます。
具体的にどのような専門領域を勉強できるのでしょうか?
まず自分が何をやりたいか、ビジョンを明確にしてください。そして、それをスタッフに説明してください。ひとりの指導教員とふたりの副指導教員が中心となり、Y-GSCスタジオのスタッフ全員で学生の指導に当たります。スタッフは助言はしますが、自分の専門や関心を押しつけることはありません。各スタッフの専門領域は「スタッフ」の欄を参考にしてください。
スタジオ科目とはどのようなものですか?
「スタジオ科目」は講義科目とは異なり、学生主体のプロジェクト実践型の授業です。現在、「現代アート」「映像芸術」「文芸メディア創作」「音響空間」の4つの「スタジオ科目」が設定されており、それぞれの科目でフィールドワークから制作まで様々なプロジェクトが進行しています。