【1/15(月)】特別公開授業「戦争するアニメ:戦時日本アニメーションの特徴、『桃太郎 海の神兵』を中心に」
Y-GSCスタジオではストラスブール大学日本語学科のアントナン・ベシュレル先生を招へいし、特別公開授業を開催します。
ベシュレル先生はこれまでも日本で「大江健三郎、あるいは犠牲の演劇について」(日本フランス語フランス文学会日仏共同国際シンポジウム「演劇と演劇性」[2012年、早稲田大学])のご発表、さらに本年1月20日には「村上春樹における文学的コミットメント」(東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科開設記念 国際シンポジウム)のご講演も予定されています。

今回のテーマは「戦争するアニメ」。皆様どうぞ聴講にいらしてください!


Y-GSCスタジオ主催特別公開授業
「戦争するアニメ:戦時日本アニメーションの特徴、『桃太郎 海の神兵』を中心に」
講師:アントナン・ベシュレル(ストラスブール大学 外国語文化学部日本学学科 学科長)
日時:2018年1月15日(月)16:15〜17:45
場所:横浜国立大学7号館201教室
※ご予約不要/どなたでもご参加いただけます。
※日本語による授業です。

主催:横浜国立大学都市イノベーション研究院Y-GSCスタジオ
お問い合わせ:ygsc-studio@ynu.ac.jp

『常盤台通信 第14号』公開のお知らせ
『常盤台通信 第14号』を公開いたします。

『常盤台通信』は、Y-GSCスタジオに所属する学生の編集・作成による機関誌です。

横浜国立大学都市イノベーション学府では、様々な「スタジオ科目」による、実践的な活動を通じての学びを特色としています。
『常盤台通信』はそのうち、批評を中心としたメディア制作を実際に行う「文芸メディア創作スタジオ」の活動の一環として発行されています。

本号を含めた第13・14・15号は、2017年度修士1年生を中心として企画・編集・制作します。

14号は以下のURLよりダウンロードいただけます(直接PDFファイルが開きます)。是非ご覧ください。
http://www.ygsc-studio.ynu.ac.jp/images/blog/tokiwadai_14.pdf





【1/16(火)】美術家・小沢剛講演会を開催します
Y-GSCスタジオでは美術家の小沢剛さんをお招きして1月16日に講演会を開催します。小沢さんは、自らの周りや美術の歴史などから様々な事象を拾い上げ、笑いを誘うユーモアと鋭い分析的視点を備えた作品を発表されています。今回は横浜国立大学初来訪となる小沢さんに、ご自身の活動についてお話いただきます。

また、1月6日からは千葉市美術館で小沢剛個展「不完全:パラレルな美術史」が開催されます。ぜひ個展にも足をお運びください。


小沢剛講演会
講演者:小沢剛(美術家)
日時:2018年1月16日(火)16:30〜18:00
場所:横浜国立大学図書館メディアホール(中央図書館1階)
※ご予約不要/どなたでもご参加いただけます。

主催:横浜国立大学都市イノベーション研究院Y-GSCスタジオ
お問い合わせ:ygsc-studio@ynu.ac.jp

[講師プロフィール]
小沢剛 Tsuyoshi Ozawa
1965年東京生まれ。東京芸術大学在学中から、風景の中に自作の地蔵を建立し、写真に収める《地蔵建立》開始。93年から牛乳箱を用いた超小型移動式ギャラリー《なすび画廊》や《相談芸術》を開始。99年には日本美術史の名作を醤油でリメイクした《醤油画資料館》を制作。2001年より女性が野菜で出来た武器を持つポートレート写真のシリーズ《ベジタブル・ウェポン》を制作。2004年に個展「同時に答えろYesとNo!」(森美術館)、09年に個展「透明ランナーは走りつづける」(広島市現代美術館)を開催。近年の活動として「The Global Contemporary – Art WorldsAfter 1989」ZKM(2011)、
「World of Xijing」ソウル国立現代美術館(2015)、「横浜トリエンナーレ2017」など。

December 27, 2017 在学生・修了生情報
【Y-GSC在学生情報】松尾祐樹演出・「長いお別れ」@STスポット 2/1-4
Y-GSC在学生の松尾祐樹さんが演出家として所属する団体「富山のはるか」による
「長いお別れ」が2/1-2/4にかけてSTスポットにて上演されます。

>>詳細、前売チケットはこちらから
--------------------

長いお別れ

2018/2.1-4
@STスポット

​ジャパニーズ・センチメンタルをテーマに掲げる
富山のはるか最新作

//// あらすじ ////
それでも、またねじゃなくて、さようなら。
​​
今、あの部屋に、恋人たちはいない。
付き合っていた瞬間は確かにあった。
でも、それは昔の話。思い出すだけ。

出演:
大蔵麻月(白昼夢)
大橋悠太
河合明日香
齋藤優衣(演劇活性化団体uni)
ヒガシナオキ(gekidanU)

脚本:戸塚康崇
演出:松尾祐樹

料金:2,500円



Y-GSC修了生、高野徹さんから受賞のご連絡をいただきました!
先日ご紹介した、ベルフォール国際映画祭 グランプリ+観客賞を受賞されたY-GSC修了生で映画監督の高野徹さんから受賞のご連絡をいただきました!

受賞記事はこちらから

受賞時のお写真をいただきましたのでご紹介します。







映画の詳細は以下から、改めまして高野さんこの度は本当におめでとうございます!!



------------------------------------

映画『二十代の夏』

【ストーリー】
駆け出し小説家のカズキ(28)は新作執筆のため、故郷の島で夏休みを過ごしていた。ひょんなことから、滞在していたペンションの管理をカズキは任されることになり、宿泊客の女性・レイコ(28)とユカ(24)に出会う。カズキはレイコに昔付き合っていた女性の面影を見出し、いとも簡単に心奪われてしまう。ある晩、酒を飲んでいた3人はユカの奔放な振る舞いをきっかけに大きく衝突をはじめる。

【イントロダクション】
伊豆大島を舞台とした本作は、公益財団法人アーツカウンシル東京の助成プログラムに選出されるとともに、クラウドファンディングを通じた幅広い支援を得て、2015年晩夏に撮影された。当初「女性のわからなさ」をテーマに制作が進められてきたが、撮影・編集を経てそのテーマは発展をとげ、「二十代の未熟さ」という自己省察的な視点を獲得し、より高い精度で女性を見つめ直すドラマとして成功している。

【監督・高野徹 プロフィール】
1988年生まれ。横浜国立大学大学院都市イノベーション学府修了。2010年に監督した『 濡れるのは恋人たちだけではない』が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭や北京獨立電影展など、国内外の映画祭に出品され高い評価を得る。

【キャスト・スタッフ】
出演=戎哲史 福原舞弓
島津恵梨花 丸山昇平 宮下泰幸 キム・スンヨン
大友庄太 原田真志 三浦景虎 馬君馳
監督・脚本・編集=高野徹
撮影=竹野智彦 照明=瀬戸詩織 録音=松野泉
助監督=栗本慎介 監督補=馬君馳 
ヘアメイク=光岡真理奈 衣裳=日根野真美
制作=大美賀均 制作助手=大友庄太
アソシエイト・プロデューサー=原田潮 戎哲夫 長坂友樹
協賛=岡山商店 グローバル・ネイチャー・クラブ
後援=大島町
助成=公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京
製作年=2017年 上映時間=42分
Y-GSC修了生、高野徹さん監督の映画《二十代の夏》ベルフォール国際映画祭 グランプリ+観客賞 受賞!
Y-GSCスタジオ修了生、高野徹さん監督の《二十代の夏》(SHE'S BEYOND ME)がベルフォール国際映画祭 短編部門でグランプリと観客賞を受賞しました!

>>受賞の情報はこちらから

>>映画の情報はこちらから


------------------------------------

映画『二十代の夏』

【ストーリー】
駆け出し小説家のカズキ(28)は新作執筆のため、故郷の島で夏休みを過ごしていた。ひょんなことから、滞在していたペンションの管理をカズキは任されることになり、宿泊客の女性・レイコ(28)とユカ(24)に出会う。カズキはレイコに昔付き合っていた女性の面影を見出し、いとも簡単に心奪われてしまう。ある晩、酒を飲んでいた3人はユカの奔放な振る舞いをきっかけに大きく衝突をはじめる。

【イントロダクション】
伊豆大島を舞台とした本作は、公益財団法人アーツカウンシル東京の助成プログラムに選出されるとともに、クラウドファンディングを通じた幅広い支援を得て、2015年晩夏に撮影された。当初「女性のわからなさ」をテーマに制作が進められてきたが、撮影・編集を経てそのテーマは発展をとげ、「二十代の未熟さ」という自己省察的な視点を獲得し、より高い精度で女性を見つめ直すドラマとして成功している。

【監督・高野徹 プロフィール】
1988年生まれ。横浜国立大学大学院都市イノベーション学府修了。2010年に監督した『 濡れるのは恋人たちだけではない』が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭や北京獨立電影展など、国内外の映画祭に出品され高い評価を得る。

【キャスト・スタッフ】
出演=戎哲史 福原舞弓
島津恵梨花 丸山昇平 宮下泰幸 キム・スンヨン
大友庄太 原田真志 三浦景虎 馬君馳
監督・脚本・編集=高野徹
撮影=竹野智彦 照明=瀬戸詩織 録音=松野泉
助監督=栗本慎介 監督補=馬君馳 
ヘアメイク=光岡真理奈 衣裳=日根野真美
制作=大美賀均 制作助手=大友庄太
アソシエイト・プロデューサー=原田潮 戎哲夫 長坂友樹
協賛=岡山商店 グローバル・ネイチャー・クラブ
後援=大島町
助成=公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京
製作年=2017年 上映時間=42分
【出演情報】佐藤駿出演『流刑地エウロパ』(2/2〜2/4)北千住BUoYで上演します。
Y-GSCスタジオに在学中の佐藤駿さんがsons wo: 最後の公演『流刑地エウロパ』(作・演出:カゲヤマ気象台、映像:涌井智仁 )に出演します。
2018年2月2日(金)〜4日(日)にかけて北千住BUoYにて。

佐藤駿さんは今年、「犬など」『レーストラック』(2017年7月@maruseB1 gallery)を発表するほか、三野新「ニカサン」公演『偶数と奇数』(2017年9月@早稲田小劇場どらま館)への出演、鈴木健太企画『祝日』(2017年10月@三鷹SCOOL、同11月@横須賀飯島商店 )への作・演出・出演など、多岐に渡り活動しています。


>>詳細はこちら

-------------------------------

sons wo: 最後の公演
『流刑地エウロパ』
作・演出 カゲヤマ気象台
映像 涌井智仁


世紀の大犯罪者ケニー・G(ゴジマ)は
1993年、遥か木星の衛星エウロパに流刑された
それから10年
調査隊の一団はゴジマの生死を確認するため
探査船タイタニックゴウに乗り込み
木星に向けて航路をとった
彼らが地球を離れて2年が経ったある日

日本の某県の山あいの村には
何人かの人間が住んでいて
人工知能RX-DT909(通称”コブラトップ”)が
全てを管理している
彼らは生きていて
人生や生活について考えている


つまり秋の風のない日に近所を歩いていたら偶然出会った友人と予定もなくあっ新宿でも行こうかとなってその二時間後、我々は多少アルコールも入っていて伊勢丹の屋上で日が沈んでいるときに、これは神話なのかもしれない、神話であってもいい、そうして人類は誕生した……というようなこと、そういうスケールで考えるのが、最近はいいと思っている。いつのまにか友人の友人も合流していて、ふらふら歩く先で未来について考え、知らない場所に来ている、西武線の降りたことのない駅のような、ニューエイジばかり流しているインドカレー屋のような、そういう、ものをちゃんと考えられる場所のような作品として、『流刑地エウロパ』を考えているのだが、伝わるだろうか。

カゲヤマ気象台

出演
佐藤駿(犬など)、田上碧、畠山峻(PEOPLE太)、日和下駄
山村麻由美、米川俊亮(ヨネスク)

日程
2018年2月
2日(金)19:30
3日(土)14:00 19:00
4日(日)15:00
受付開始、開場は開演のそれぞれ30分前

会場
BUoY
http://buoy.or.jp/
〒120-0036 東京都足立区千住仲町49-11
※東京メトロ千代田線・日比谷線/JR常磐線/東武スカイツリーライン
「北千住」駅出口1より徒歩6分、西口より徒歩8分

料金
前売:3,000円
当日精算:3,200円
当日:3,500円
【修了生情報】飯岡陸キュレーションの展覧会「太陽光と…」が12/24まで開催中です。
Y-GSC卒業生の飯岡陸さんがキュレーションを担当した展覧会「太陽光と…」が、札幌市の眺望ギャラリー[テラス計画]にて12/24まで開催中です。
お近くの方はぜひ足をお運びください。

なお飯岡さんは、今回「太陽光と…」参加作家の渡邉庸平さんの個展、「渡邉庸平:猫の肌理、雲が裏返る光」(駒込倉庫、2017年9月)も企画・実施しました。


>>詳細はこちら

----------------------------------------------------

テラス計画 キュレーターシリーズ 1
飯岡陸キュレーション「太陽光と…」
Riku Iioka curation: THE SUN WE SEE HERE SHINES IN OTHER PLACES…

参加作家|中西真穂 大岩雄典 渡邉庸平

会期 | 2017年 11月5日-12月24日
参加作家+キュレーターによるトークイベント| 2017年11月5日 18:00-

会場|眺望ギャラリー[テラス計画]
本展特設サイト| sunlightand.com
主催|札幌駅前通まちづくり株式会社
共同企画|一般社団法人PROJECTA
デザイン|木下真彩

【テラス計画 キュレーターシリーズとは】
2014年より札幌三井JP ビルディング内赤れんがテラス5 階にオープンした眺望ギャラリー[テラス計画]。赤れんが庁舎の眺望を楽しめるテラスにギャラリーを併設し、展覧会やワークショップ、講演会などを開催。本展はテラス計画にて本年度より開催される「キュレーターシリーズ」第1 弾。展覧会とは何か、キュレーションとは何か。現代アートを取り巻く環境のなかで浮かび上がる問いに対して、キュレーターによる展覧会を通して考察していきます。

【キュレーター略歴】
飯岡陸
1992年生まれ。東京芸術大学美術学部を経て、横浜国立大学大学院都市イノベーション学府修了。キュレーションを実践的な批評の在り方として捉え、展覧会の企画設計を中心に活動を行う。企画した主な展覧会に「渡邉庸平 : 猫の肌理、雲が裏返る光」(2017、駒込倉庫)「新しいルーブ・ゴールドバーグ・マシーン」(2016、KAYOKOYUKI 駒込倉庫)、「EXPOSED #9 passing pictures」(2015、G/P gallery shinonome) 、「回路を抜け出して(2015、印刷物)」など。

【ACCESS】
住所|札幌市中央区北2 条西4 丁目 赤れんがテラス5 階
JR 函館本線・千歳線・学園都市線 札幌駅 徒歩5分
地下鉄 南北線 さっぽろ駅 徒歩2分
【掲載情報】美術手帖「特集:これからの美術がわかるキーワード100」(2017年12月号)
博士後期課程に在学中の福尾匠さんが、現在発売中の美術手帖(2017年12月号)の特集「これからの美術がわかるキーワード100」で「パースペクティヴィズム」の項を執筆しています。

またY-GSCスタジオ修了生・キュレーターの飯岡陸さんも、同誌に小山友也『COUNTERWEIGHT』(Open Letter)展評「引力の構造」を寄稿しています。

書店で是非お手にとってご覧ください!


→詳細はこちらから
November 14, 2017
【11/6〜】大学院冬期試験(H30年度入学)募集要項の配布が開始されました
11/6より、都市イノベーション学府H30年度入学のための冬期試験の募集要項が配布開始となりました。

事務窓口または郵送にて受け取りができます。
出願期間は1/4(木)〜9(火)期間内必着(郵送のみ)となります。
(1/8(月)までの発信局消印のある書留速達に限り、期間後に到着した場合でも受理されます)

そのほか詳細は、都市イノベーション学府公式サイトの学生募集情報ページを御覧ください。

http://www.urban.ynu.ac.jp/?page_id=141