イベント
October 9, 2018 イベント
【東京大学+横浜国立大学共催・文化交流プログラム】アラブ、フランスと日本  三地域の学生向け文化交流座談会(@横浜国立大学)+講演会(@東京大学)
東京大学と横浜国立大学の共催で下記の座談会(@横浜国立大学)と講演会(@東京大学)が開催されます。
Y-GSC教員のファビアン・カルパントラと彦江智弘が参加します。
横浜国立大学での開催については詳細お問い合わせください。

アラブ、フランスと日本 
三地域の学生向け文化交流座談会


日時:2018年10月29日(月)13:30〜16:00
場所:横浜国立大学教育人間科学部7号館301

ゲスト:
リダ・ブーラービ氏(グルノーブル・アルプ大学准教授)  
クロード・コスト氏(セルジーポントワーズ大学教授)
桑田光平氏(東京大学准教授)

本学参加教員:
ファビアン・カルパントラ(司会と・通訳)、長谷川秀樹、彦江智弘、宮崎隆



---

関連講演①
「オリエンタリズムとマグレブのフランコフォニー文学、脱コロニアルなアプローチのために」
講演者:リダ・ブーラビ(RIDHA BOULAÂBI|グルノーブル・アルプ大学准教授)

日時:2018年10月25日(木)18:00〜
場所:東京大学駒場キャンパス18号館4階 コラボレーションルーム2

モデレーター:桑田光平
主催:科学研究費助成事業・基盤研究(B) 「現代フランス文芸における「南仏」・「地中海」というトポスに関する包括的研究」(代表者:桑田光平)
共催:表象文化論研究室
使用言語:フランス語



関連講演②
「『現実効果』とは何か?」
講演者:クロード・コスト(CLAUDE COSTE|セルジー・ポントワーズ大学教授)

日時:2018年10月26日(金) 18:00〜
場所:東京大学駒場キャンパス18号館4階 コラボレーションルーム3

概要:クロード・コスト氏はロラン・バルトを中心とする20世紀フランス文学の専門家です。本講演では、ロラン・バルトが1968年に発表した論考「現実効果」について、その現代的意義を検討する予定です。

モデレーター:桑田光平
主催:科学研究費助成事業・基盤研究(B) 「文芸諸ジャンルにおけるリアリティ表現の比較に基づくリアリズム概念の総合的再検討」(研究代表者:田中純)
共催:表象文化論研究室
使用言語:フランス語

【公開講義】横浜建築都市学「『悪魔のしるし』の”物体X”様式史」開講のお知らせ(初回10/9、以降火曜不定期)
「文理融合」の多彩な学領域を備え、実践的、複合的に都市の未来像を創造する新しいスタイルの大学院、都市イノベーション学府の実験的な公開授業。

今年は『悪魔のしるし』のメンバーをむかえ、その代表作「搬入プロジェクト」をめぐる考察を四次元的に行います。

Y-GSC平倉圭(芸術学)、Y-GSA藤原徹平(建築学)による共同ファシリテーションで、ワークショップや作品制作を含んだ実践的なスタイルを模索します。

※申し込み不要/全回公開講座形式
※詳細は下記とチラシ画像をご参照ください!


------

(↑画像クリックでpdfファイルが開きます)


横浜国立大学大学院 都市イノベーション学府〈文理融合公開実験講義〉
「『悪魔のしるし』の”物体X”様式史」


◆オーガナイザー:『悪魔のしるし』生き残りメンバーより(石川卓磨、金森香、宮村ヤスヲ)×平倉圭×藤原徹平

◆場所:横浜国立大学エネルギーセンター IUIパワープラントホール
→横浜国立大学へのアクセス
→IUIパワープラントホールはキャンパスマップのN7-2(全学共用棟B)です。

◆日時:火曜日(不定期)16:30〜19:00

※申し込み不要/全回公開講座形式

◆ 全7回

第1回:10月9日(火)「それは彫刻なのか、物体なのか」
レクチャー①平倉圭+藤原徹平 - イントロダクション
レクチャー②石川卓磨(建築家・悪魔のしるし) - 「搬入プロジェクトと物体Xの系譜(仮)」

第2回:10月16日(火)
レクチャー③永井幸輔(弁護士・Arts and Law)+金森香(プロデューサー・悪魔のしるし) - 「作品を公共化する(仮)」
レクチャー④小田原のどか(彫刻家) - 「彫刻とはなにか」(聞き手:平倉圭+藤原徹平)

第3回:10月30日(火)/ ワークショップ1
第4回:11月13日(火)/ ワークショップ2
第5回:11月27日(火)/ ワークショップ3
第6回:12月11日(火)/ ワークショップ4
第7回:12月25日(火)/ ワークショップ5

2019年3月「横浜国立大学・都市イノベーション展(仮)」にて成果発表

※第3回以降のスケジュールは変更になる場合があります。学外からの参加の場合は、前日にYGSAおよびYGSCホームページを確認お願いします。

問い合わせ:ygsa@ynu.ac.jp
【10/27(土)】平成31年度入学・入試説明会を開催します
Y-GSCは今年も冬入試を行います。
そして来る10月27日(土)、平成31年度入学者のための入試説明会を開催します。

芸術・文化について分野横断的に、そして理論と実践を行き来しながら学ぶことのできるY-GSCスタジオで、実際にどんな教育や研究が行われているか、コースのちがい、入試のポイントなどについて説明をおこなったあと、個別の相談を教員と在学生が受け付けます。
当日はY-GSCの担当教員も参加し、研究について、研究室について教員から詳しくご紹介します。

■日時:2018年10月27日(土)13:00〜(開場12:45より)
■場所:横浜国立大学 Y-GSCスタジオ(アクセス:http://www.ygsc-studio.ynu.ac.jp/access.php)
■キャンパス内のアクセス:「学部大学院等講義棟・研究棟」の項目の「S4-2」をご覧ください。(http://www.ynu.ac.jp/access/map_campus.html)

■ 内容:
・Y-GSC教員からのコース説明
・卒業生の修論・ポートフォリオ展示
・教員&現役生との相談会
・過去問の配布 など

Y-GSCに関心のある方、進学について相談したい方、ぜひお気軽にご参加ください。

※申込みは不要です。
※入退室自由です。
Y-GSC主催【9/10(月)】福尾匠×石岡良治×三浦哲哉×平倉圭『シネマ』トークイベント
Y-GSC博士後期課程に在学中の福尾匠さんの単著、『眼がスクリーンになるとき:ゼロから読むドゥルーズ『シネマ』』がフィルムアート社より7月26日に発売されました。
そして、2017年3月にはY-GSC平倉圭の共著『オーバー・ザ・シネマ 映画「超」討議』が刊行されました。

今回は、この2冊の刊行を記念し、トークイベントを開催いたします。
ゲストには『オーバー・ザ・シネマ 映画「超」討議』の編著者である、石岡良治さんと三浦哲哉さんをお迎えいたします。
ドゥルーズ『シネマ』を接点に、2冊の書籍を横断する刺激的なクロストークとなるでしょう。

学内&学外からの参加を心よりお待ちしております。
※本イベントのご予約は既に定員に達し締め切りとさせていただきました。なお、本イベントの様子はフィルムアート社ウェブサイトで公開予定です。


---

福尾匠×石岡良治×三浦哲哉×平倉圭
『眼がスクリーンになるとき ゼロから読むドゥルーズ『シネマ』』+『オーバー・ザ・シネマ 映画「超」討議』(フィルムアート社)刊行記念イベント



◆日時:2018年9月10日(月)19:00開始
◆参加費:無料
◆会場:横浜国立大学 Y-GSCスタジオ
◆定員:30名程度(予約制)

◆お申込み方法:要予約/先着順(定員になり次第締め切り)
ygsc-studio@ynu.ac.jp
上記アドレスへ申し込み。件名「シネマ」、本文に「名前」・「連絡先」をご記入ください。
※学外からのご参加も大歓迎です
※ご予約は既に定員に達しました。本イベントはフィルムアート社ウェブサイトで公開予定です。

◆主催:横浜国立大学都市イノベーション研究院Y-GSCスタジオ
◆共催:株式会社フィルムアート社

◆注意事項:
本イベントの様子は録音・撮影させていただきます。フィルムアート社のウェブサイトにてイベントの内容を公開させていただく予定です。

◆登壇者プロフィール:
福尾匠(ふくお・たくみ)
1992年生まれ。横浜国立大学博士後期課程、日本学術振興会特別研究員(DC1)。現代フランス哲学、芸術学、映像論。論文に「映像を歩かせる——佐々木友輔『土瀝青 asphalt』および「揺動メディア論」論」(『アーギュメンツ#2』、2017年)など。翻訳にアンヌ・ソヴァニャルグ「リゾームと線」(小倉拓也との共訳、『ドゥルーズ——没後20年新たなる転回』河出書房新社、2015年)。

石岡良治(いしおか・よしはる)
1972年生まれ。批評家、表象文化論、芸術理論、視覚文化、ポピュラー文化研究。早稲田大学准教授。著書に『視覚文化「超」講義』(フィルムアート社、2014年)、『「超」批評 視覚文化×マンガ』(青土社、2015年)、共著に『マンガ視覚文化論──見る、聞く、語る』(論考「反復の悪夢──漫☆画太郎と出来事の連鎖」、水声社、2017年)、他多数。

三浦哲哉(みうら・てつや)
1976年生まれ。青山学院大学准教授。映画批評・研究、表象文化論。著書に『『ハッピーアワー』論』(羽鳥書店、2018年)、『映画とは何か──フランス映画思想史』(筑摩選書、2014年)、『サスペンス映画史』(みすず書房、2012年)。共著に『ひきずる映画──ポスト・カタストロフ時代の想像力』(フィルムアート社、2011年)。訳書に『ジム・ジャームッシュ・インタビューズ──映画監督ジム・ジャームッシュの歴史』(東邦出版、2006年)。月刊『みすず』誌上で「食べたくなる本」連載中。

平倉圭(ひらくら・けい)
1977年生まれ。芸術学。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院Y-GSC准教授。芸術制作における物体化された思考の働きを研究している。最近はダンス研究を少しずつ。作品制作も時々。著書に『ゴダール的方法』(インスクリプト、2010年、第二回表象文化論学会賞受賞)、『アメリカン・アヴァンガルド・ムーヴィ』(共著、森話社、2016年)ほか。作品に《ピカソ他を分解する(部分的に遮蔽された)》(レクチャー・パフォーマンス、2015年)ほか。
【5/19(土)公演情報】篠田千明さんパフォーマンス「道をわたる」@アンスティチュ・フランセ東京「哲学の夕べ」
篠田千明さんを講師にお招きし、3月のIUI展では「洞窟をたてる」の演劇パフォーマンスを上演した2018年度文理融合公開実験講義「横浜建築都市学F」(担当:平倉圭、藤原徹平)が共同制作する篠田千明さんのパフォーマンス「道をわたる」が来週末5/19(土)にアンスティチュ・フランセ東京で開催の第6回「哲学の夕べ」内で上演されます。

-----

篠田千明「道をわたる」
日時:2018年5月19日(土)15:00 / 18:00 / 21:00(各回約30分)
場所:アンスティチュ・フランセ東京 中庭
※予約不要、第6回「哲学の夕べ」パフォーマンスプログラム

劇がたちあがりかける瞬間や、たちあがりかけた劇がなくなる瞬間を、道をわたる、というモチーフから多角的に試みるパフォーマンス。誰かが何かを見せるのではなく、その場に居合わせた人々が当日飛び込み参加で時間を作り上げていきます。
人とすれ違う時、私たちはぶつかるかどうかを考えるより先に、何も考えずにぶつからないように歩く。

構成・演出:篠田千明
共同制作:横浜国立大学大学院都市イノベーション学府「横浜建築都市学F」、平倉圭、藤原徹平

篠田千明
演出家、作家。1982年東京生まれ。2004年に多摩美術大学の同級生と快快を立ち上げ、2012年に脱退するまで、中心メンバーとして主に演出、脚本、企画を手がける。以後、バンコクを拠点としソロ活動を続ける。近年は「四つの機劇」「非劇」と、劇の成り立ちそのものを問いながら作品を制作する。チリの作家の戯曲を元にした「ZOO」を2016年に京都エクスペリメントで上演した。



第6回「哲学の夕べ」
― パリ五月革命をめぐって―

2018年5月19日(土)13時〜22時30分
アンスティチュ・フランセ東京
入場無料・飲食有料(映画を除く)

アートとの刺激的な対話を通して哲学にアプローチするイベント。
第6 回目となる今年のテーマは、今年で50 周年を迎える「五月革命」。さまざまな議論を巻き起こしたこの歴史的出来事を振り返り、その表象や思想が、現代のフランスや日本にどのような影響を与えているかを再考します。
講演会や展示、上映、パフォーマンスやライブ、ワークショップなど、アンスティチュ・フランセ東京の敷地内を散策しながら楽しめる多彩なプログラムをとおして、60年代が、政治や美学、哲学などあらゆる次元において、思想の横断的出来事であったかを検証します。

>>詳細はこちら
平成31年度入学 都市イノベーション学府入試説明会+Y-GSC個別説明会開催のお知らせ
平成31年度入学者のための都市イノベーション学府入試説明会が開催されます。
全体説明会終了後には、Y-GSCの個別説明会も行います。

Y-GSCに興味のある方々の、学内&学外からの参加を心よりお待ちしております。


【IUI(都市イノベーション学府全体説明会】
日時:平成30年5月12日(土)10:00~10:30
場所:中央図書館メディアホール(map:S3-6)

※詳しくはIUI公式サイトのお知らせをご参照ください。

【Y-GSC個別説明会】
日時:全体説明会終了後〜12:00頃を予定
場所:Y-GSCスタジオ(map:S4-2)

当日は以下の内容を予定しています。
・Y-GSC教員からのコース説明
・卒業生の修論・ポートフォリオ展示
・教員&現役生との相談会

※申込みは不要です。
※入退室自由です。
【1/15(月)】特別公開授業「戦争するアニメ:戦時日本アニメーションの特徴、『桃太郎 海の神兵』を中心に」
Y-GSCスタジオではストラスブール大学日本語学科のアントナン・ベシュレル先生を招へいし、特別公開授業を開催します。
ベシュレル先生はこれまでも日本で「大江健三郎、あるいは犠牲の演劇について」(日本フランス語フランス文学会日仏共同国際シンポジウム「演劇と演劇性」[2012年、早稲田大学])のご発表、さらに本年1月20日には「村上春樹における文学的コミットメント」(東洋大学文学部国際文化コミュニケーション学科開設記念 国際シンポジウム)のご講演も予定されています。

今回のテーマは「戦争するアニメ」。皆様どうぞ聴講にいらしてください!


Y-GSCスタジオ主催特別公開授業
「戦争するアニメ:戦時日本アニメーションの特徴、『桃太郎 海の神兵』を中心に」
講師:アントナン・ベシュレル(ストラスブール大学 外国語文化学部日本学学科 学科長)
日時:2018年1月15日(月)16:15〜17:45
場所:横浜国立大学7号館201教室
※ご予約不要/どなたでもご参加いただけます。
※日本語による授業です。

主催:横浜国立大学都市イノベーション研究院Y-GSCスタジオ
お問い合わせ:ygsc-studio@ynu.ac.jp

【1/16(火)】美術家・小沢剛講演会を開催します
Y-GSCスタジオでは美術家の小沢剛さんをお招きして1月16日に講演会を開催します。小沢さんは、自らの周りや美術の歴史などから様々な事象を拾い上げ、笑いを誘うユーモアと鋭い分析的視点を備えた作品を発表されています。今回は横浜国立大学初来訪となる小沢さんに、ご自身の活動についてお話いただきます。

また、1月6日からは千葉市美術館で小沢剛個展「不完全:パラレルな美術史」が開催されます。ぜひ個展にも足をお運びください。


小沢剛講演会
講演者:小沢剛(美術家)
日時:2018年1月16日(火)16:30〜18:00
場所:横浜国立大学図書館メディアホール(中央図書館1階)
※ご予約不要/どなたでもご参加いただけます。

主催:横浜国立大学都市イノベーション研究院Y-GSCスタジオ
お問い合わせ:ygsc-studio@ynu.ac.jp

[講師プロフィール]
小沢剛 Tsuyoshi Ozawa
1965年東京生まれ。東京芸術大学在学中から、風景の中に自作の地蔵を建立し、写真に収める《地蔵建立》開始。93年から牛乳箱を用いた超小型移動式ギャラリー《なすび画廊》や《相談芸術》を開始。99年には日本美術史の名作を醤油でリメイクした《醤油画資料館》を制作。2001年より女性が野菜で出来た武器を持つポートレート写真のシリーズ《ベジタブル・ウェポン》を制作。2004年に個展「同時に答えろYesとNo!」(森美術館)、09年に個展「透明ランナーは走りつづける」(広島市現代美術館)を開催。近年の活動として「The Global Contemporary – Art WorldsAfter 1989」ZKM(2011)、
「World of Xijing」ソウル国立現代美術館(2015)、「横浜トリエンナーレ2017」など。

【修了生情報】飯岡陸キュレーションの展覧会「太陽光と…」が12/24まで開催中です。
Y-GSC卒業生の飯岡陸さんがキュレーションを担当した展覧会「太陽光と…」が、札幌市の眺望ギャラリー[テラス計画]にて12/24まで開催中です。
お近くの方はぜひ足をお運びください。

なお飯岡さんは、今回「太陽光と…」参加作家の渡邉庸平さんの個展、「渡邉庸平:猫の肌理、雲が裏返る光」(駒込倉庫、2017年9月)も企画・実施しました。


>>詳細はこちら

----------------------------------------------------

テラス計画 キュレーターシリーズ 1
飯岡陸キュレーション「太陽光と…」
Riku Iioka curation: THE SUN WE SEE HERE SHINES IN OTHER PLACES…

参加作家|中西真穂 大岩雄典 渡邉庸平

会期 | 2017年 11月5日-12月24日
参加作家+キュレーターによるトークイベント| 2017年11月5日 18:00-

会場|眺望ギャラリー[テラス計画]
本展特設サイト| sunlightand.com
主催|札幌駅前通まちづくり株式会社
共同企画|一般社団法人PROJECTA
デザイン|木下真彩

【テラス計画 キュレーターシリーズとは】
2014年より札幌三井JP ビルディング内赤れんがテラス5 階にオープンした眺望ギャラリー[テラス計画]。赤れんが庁舎の眺望を楽しめるテラスにギャラリーを併設し、展覧会やワークショップ、講演会などを開催。本展はテラス計画にて本年度より開催される「キュレーターシリーズ」第1 弾。展覧会とは何か、キュレーションとは何か。現代アートを取り巻く環境のなかで浮かび上がる問いに対して、キュレーターによる展覧会を通して考察していきます。

【キュレーター略歴】
飯岡陸
1992年生まれ。東京芸術大学美術学部を経て、横浜国立大学大学院都市イノベーション学府修了。キュレーションを実践的な批評の在り方として捉え、展覧会の企画設計を中心に活動を行う。企画した主な展覧会に「渡邉庸平 : 猫の肌理、雲が裏返る光」(2017、駒込倉庫)「新しいルーブ・ゴールドバーグ・マシーン」(2016、KAYOKOYUKI 駒込倉庫)、「EXPOSED #9 passing pictures」(2015、G/P gallery shinonome) 、「回路を抜け出して(2015、印刷物)」など。

【ACCESS】
住所|札幌市中央区北2 条西4 丁目 赤れんがテラス5 階
JR 函館本線・千歳線・学園都市線 札幌駅 徒歩5分
地下鉄 南北線 さっぽろ駅 徒歩2分
【11/25】トークイベント「芸術祭の公共圏―敵対と居心地の悪さは超えられるか?」にY-GSC修了生の丸山美佳さんがゲスト出演します。
Y-GSC修了生でウィーン在住・インディペンデントキュレーターの丸山美佳さんが、11/25に恵比寿NADiff a/p/a/r/tで開催するアーティスト・丹羽良徳の批評集『資本主義が終わるまで』の刊行を記念したトークイベントにスカイプ出演します。
丸山さんは同批評集に執筆もされています。
芸術と公共を考える機会となるイベントですので、ぜひチェックしてみてください。

-----------------------------

TALK EVENT
「芸術祭の公共圏?敵対と居心地の悪さは超えられるか?」

日 時:2017年11月25日[土] 18:00 - 19:30 (開場 17:45)
会 場:NADiff a/p/a/r/t
定 員:50名
入場料:1,000円

〈イベント概要〉
NADiff a/p/a/r/tでは、アーティスト・丹羽良徳の作品の一環として作られた批評集『資本主義が終わるまで』の刊行を記念したトークイベントを開催いたします。
現在ウィーンを拠点に制作を行う丹羽良徳、本書の編集担当のF.アツミとともに、ゲストに文芸評論家の藤田直哉、キュレーターの丸山美佳(スカイプ出演となります)を迎えます。市場経済、スクワット、教育、芸術祭、幽霊、冷戦以降、中絶など、近年の丹羽良徳による諸作品を読み解くキーワードを基点として書かれた本書をきっかけに、「芸術の公共圏」について討議する1時間半。
イベント当日には店内にて丹羽良徳のオリジナル企画「ナッシュマルクト蚤の市」の開催、そしてトークイベント終了後のアフターイベントとして、「新国立競技場の周縁を彷徨う」が行われます。あわせてご参加下さい!


-----------------------------

詳細とお申し込みはこちらから
1  2  3  4  5  6