飯岡陸キュレーション「渡邉庸平 : 猫の肌理、雲が裏返る光」開催中です【9/18まで】
Y-GSCスタジオ卒業生・飯岡陸さんがキュレーションを手がける展覧会「渡邉庸平 : 猫の肌理、雲が裏返る光」が今週末(9/18)まで開催中です。

-----------------------------------------

渡邉庸平 : 猫の肌理、雲が裏返る光
Yohei Watanabe: Texture of Cat, Clouds Reversed in Retina

キュレーション: 飯岡陸
駒込倉庫 komagome SOKO
東京都豊島区駒込2-14-2
9/3(Sun)-9/18(Mon) 12:00-19:00 (close:Tue)
レセプション 9/3 (Sun) 17:00-

【アーティストトーク】
9/10 (Sun) 16:00-
入場無料、予約不要
ゲスト:兼平彦太郎

このたび9/3より駒込倉庫にて展覧会「渡邉庸平: 猫の肌理、雲が裏返る光」を開催いたします。作家の初個展となる本展では、新作となる映像作品、アニメーション、図、立体を展示空間に合わせ構成し、インスタレーションとして発表いたします。
渡邉庸平は1990年福島県生まれ、現在東京芸術大学大学院修士過程在籍中。現代のメディア環境を背景に、人間の身体性や想像力の在り方に関心を寄せ作品を制作してきました。彼のアプローチはSF的であり、生々しく、そしてロマンチックな想像力に貫かれています。
いち早く私たちの生活をグリッド化した「カレンダー」は、地球と太陽の関係という天文学的なスケールから生み出され、人間の生理的なリズムと関係を結んでいます。渡邉は「カレンダー」を本展の主要なモチーフとして扱うことで、日常で見かける何気ない猫の仕草から時空間の衝突までを連ねる、ひとつの経験のモデルを提示しようと試みます。
また本展はインディペンデント・キュレーターの飯岡陸の企画により開催されるものです。飯岡は昨年開催した展覧会「新しいルーブ・ゴールドバーグ・マシーン」において、迎英里子、小林健太、PUGMENT、大崎晴地を起用し、人間の生を取り囲む環境的・制度的な条件について考察を行いました。本展においても、こうした関心から作家との協働により展覧会を立ち上げます。

見慣れた風景を新たに組み替えようとする作家の思考=展覧会にぜひ足をお運びください。


【アーティスト略歴】
渡邉庸平 1990年福島県生まれ。東京芸術大学大学院修士課程在籍。主なグループ展に「SPVI II」(Turner Gallery,東京, 2015)、「THE EXPOSED#9 passing pictures」(g/p Gallery 東雲, 東京, 2015)、「at work 」(東京芸術大学 Yuga Gallery, 東京, 2013)。

【キュレーター略歴】
飯岡陸 1992年生まれ。東京芸術大学美術学部を経て、横浜国立大学都市イノベーション学府終了。企画した展覧会に「新しいルーブ・ゴールドバーグ・マシーン」(2016、KAYOKOYUKI KomagomeSOKO/東京)、「EXPOSED #9 passing pictures」(2015、G/P gallery shinonome/東京)、「回路を抜け出して」(2015、印刷物)
問い合わせは以下の連絡先までお願いいたします。 (担当: 飯岡) clouds.reversed.in.retina@gmail.com

Yohei Watanabe : Texture of Cat, Clouds Reversed in Retina

curation: Riku Iioka(independent curator)
komagome SOKO
173-0003 2-14-2 Komagome, Toshima-ku, Tokyo
9/3 (Sun) - 9/18 (Mon) 12:00-19:00 (close:Tue)
opening reception: 9/3 (Sun) 17:00-
artist talk: 9/10 (Sun)16:00- (guest: Hikotaro Kanehira)

The solo exhibition of “Texture of Cat, Clouds Reversed in Retina.” by Yohei Watanabe will start from September 3rd at Komagome SOKO. In this his first solo exhibition, he presents an installation work constructed with new video, animation, diagram, and 3D works.
Yohei Watanabe was born in 1990 in Fukushima prefecture and currently enrolled in MFA of Tokyo University of the Arts. His works are based on his interests with the embodiment and imagination of human being. His approach is carried out with speculative-fictional, exposed, and romantic way of imagination.
“Calendar”: modern device divided our life into a grid was made with a scale on relationship between the earth and sun, and related to our physiological rhythm. Watanabe presents one model of experiment range from cat’s gesture in our daily life to the crash of time-space.
Riku Iioka, an independent curator examined environmental and institutional conditions existing around human’s life through the exhibition called “New Rube Goldberg Machine” last year, with artists: Eriko Mukai, Kenta Cobayashi, PUGMENT, and Haruchi Osaki. In this exhibition, he curates upon the interests by collaborating with Watanabe.
This is the exhibition=thinking making a big scaled order, dealing only with matters in real life.

Yohei Watanabe(artist)
Born in 1990 in Fukushima prefecture. Currently enrolled in Tokyo University of the Arts (MFA). Recent exhibitions include: ”SPVI II” (Turner Gallery, Tokyo, 2015), “THE EXPOSED#9 passing pictures (g/p Gallery, Shinonome, Tokyo, 2015), “at work” (Yuga Gallery, Tokyo University of the Arts, Tokyo, 2013)

Riku Iioka (curator)
Born in 1992. Graduated from Tokyo University of the Arts (BFA in Fine Arts) and Yokohama National University (MFA in Urban Innovation). Recent exhibitions include: “New Robe Goldberg Machine” (KAYOKOYUKI KomagomeSOKO, Tokyo, 2016), “THE EXPOSED #9 passing pictures (g/p Gallery, Shinonome, Tokyo, 2015), “Slipping Out of the Circuit” (2015, Printed matter)

SNS
twitter @rikuiioka
Facebook @riku.i-oka



http://rikuiioka.com/news