February 28, 2012 スタジオブログ
秋学期講評会が行われました
2月23日にY-GSCスタジオの秋学期講評会が行われました。

都市イノベーション学府の横浜都市文化コースY-GSC、
建築都市文化コースの都市文化系(芸術文化領域)1年生全15人が発表しました。
これは春学期に1回(スタジオ成果報告会)、秋学期に1回(スタジオ成果講評会)行われるものです。

卒業制作をする学生も論文提出する学生も発表し、教員による質疑応答がされました。 

そのときの様子を紹介します。


まずは、ポートフォリオ・卒業制作の提出にて卒業する学生の発表です。

1330613761.jpg


1330613786.jpg


1330613825.jpg


論文提出にて修了する学生の発表です。
教員より質問・意見が述べられました。

1330613898.jpg


1330613858.jpg


1330613960.jpg
February 20, 2012 スタジオブログ
平成23年度秋学期Y-GSCスタジオ講評会
平成24年2月23日(木)に2011年度秋学期Y-GSCスタジオ講評会が行われます。

今年度の修士1年15人の発表+質疑応答。
修士論文/修士制作の完成に向けた「折り返し地点」を短時間濃縮して発表し、
厳しく質疑応答を展開するイベントです。

この講評会は公開につき、見学可能です。
ただし、11時から濱田陽平君によるパフォーマンス発表のため、そのあいだドアは封鎖します。

2011年度秋学期Y-GSCスタジオ講評会
2012年2月23日(木)11:00 開始(10分前集合)
場所:横浜国立大学都市イノベーション学府 Y-GSCスタジオ

発表者   発表題目
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
濱田陽平(M1) 『YGSCのえらびしぶる』 /パフォーマンス 約13分
佐藤拓真(M1) 『MOON FALL(S)』/作品展示
金泰佑(M1)  『宇宙の在り方』/ 作品展示
長友泰樹(M1) 『場所に根付く』/作品展示
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
江川美樹子(M1) 『島田雅彦作品における対話の可能性』
増田景子(M1) 『アルモドバルとヒッチコック』
大井央(M1)  『「心象身体」試論 ーやおい・百合・戦闘美少女ー』
小林主宗(M1) 『大衆化する力 その変化』
―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
上野迪音(M1) 『楊徳昌、時代の観察者として』
畠山祥吾(M1) 『欲望される〈美少女〉と境界としての身体』
山村貴之(M1) 『「原っぱと遊園地」を批判的に読む』
隈元博樹(M1) 『映画『Intersection』(仮)について』
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
小野賢俊(M1) 『白い装飾』
丸山光祐(M1) 『建築は今、どのような状況にあるか?』
高野徹(M1)  『映画『清洲橋の恋人』の制作について』
――――――――――――――――――――――――――――――――――――