「生成音楽ワークショップの展覧会」開催
「生成音楽ワークショップの展覧会」
会期:2015年3月14日(土)〜2014年3月18日(水)
会場:さくらWORKS〈関内〉http://sakuraworks.org/
住所:〒231-0012 横浜市中区相生町3-61 泰生ビル2F
アクセス:JR関内駅より徒歩5分、みなとみらい線馬車道駅より徒歩5分
開館時間:11:00-20:00(3月14,15日) 11:00-18:00(3月16-18日)
入場料:無料
URL:https://generativemusicworkshop.wordpress.com/



【開催概要】
音楽家の手を離れて自動的に奏でられる音楽を「生成音楽」と呼びます。城一裕と金子智太郎による「生成音楽ワークショップ」は、装置を使った生成音楽の古典作品を再現することで、この音楽の実践のあり方を考えるプロジェクトです。2010年に始まり、これまでに11回開催された本ワークショップは展示、イヴェント、子供向けプログラム、大学講義などのかたちで、毎回異なる作品を再現してきました。「生成音楽ワークショップの展覧会(仮)」はこれまでの活動のひとつの総括として、過去の実践を紹介しながら、取りあげてきた作品のいくつかをもう一度再現、展示します。

展示構成(予定)
アルヴィン・ルシエ「細長いワイヤーの音楽」(再現)
エオリアン・ハープ
レオン・O・チュア「チュア回路」(再現)
ジョン・ケージ「失われた沈黙を求めて」(再現資料)
鳴釜

【関連イヴェント】
①エオリアン・ハープ制作ワークショップ
日時:3月15日 12時から15時
会場:さくらWORKS〈関内〉
講師:杉山紘一郎(冷泉荘管理人)
人数:10名
参加費:3000円、要事前申込み(2月中旬申込開始予定)
※詳細はwebサイトをご参照下さい。

②トーク・セッション「生成音楽の実践を考える(仮)」
日時:3月15日 夕方
会場:さくらWORKS〈関内〉
登壇者:畠中実(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]主任学芸員)、中川克志(横浜国立大学都市イノベーション研究院准教授)、城一裕、金子智太郎
入場料:無料

③パフォーマンス
日時:3月15日 夜
会場:さくらWORKS〈関内〉
出演者:堀尾寛太、杉山紘一郎、大山千尋(IAMAS)ほか
入場料:無料

【お問い合わせ】
中川克志(横浜国立大学都市イノベーション研究院准教授)
E-mail:katsushinakagawa (at) ynu.ac.jp

主催:生成音楽ワークショップ(城一裕+金子智太郎)
共催:YCCスクール
協力:横浜国立大学人間文化課程音響空間スタジオ(中川克志研究室)、杉山紘一郎(冷泉荘管理人)、情報科学芸術大学院大学[IAMAS]
平成26年度YGSCスタジオ修了生修了審査会
平成27年2月13日(金)に平成26年度修了生修了審査会が行われます。
今年度はポートフォリオコース2名、論文コース6名が審査に望みます。
この修了審査会は公開につき、見学可能です。
尚、当日は修了研究の梗概が配られます。

平成26年度修了審査会
2月13日(金)10:30 開始(⇒※開始が11:00に変更になりました)
場所:横浜国立大学教育人間科学部講義棟7号館309教室

(終了予定17:10)
YGSCスタジオ主催特別講義開催|ジュリアン・ブヴァール(リヨン第三大学日本語日本文化学科准教授)
YGSCではリヨン第三大学日本語日本文化学科准教授のジュリアン・ブヴァール氏をお呼びして、特別講義を開催することになりました。
YGSCの学生以外も聴講可能です。
みなさんのご参加をお待ちしています。

【講師】
ジュリアン・ブヴァール Julien Bouvard
(リヨン第三大学日本語日本文化学科准教授)
専門:マンガを中心とする日本のサブカルチャー

【日時】
2月19日(木)14:00〜16:00
「日本のマンガはどう翻訳されているか」

2月20日(金)14:00〜16:00
「国境とジェンダーを越えるコスプレ」

【場所】
教育7号棟304教室(両日とも)

※学部生の聴講も可能です。