【11/7〜】大学院冬期試験 募集要項の配布が開始されました
11/7より、都市イノベーション学府H29年度冬期試験の募集要項が配布開始となりました。

事務窓口または郵送にて受け取りができます。
出願期間は1/4(水)〜6(金)期間内必着となります。
(1月5日(木)までの発信局消印のある書留速達に限り、期間後に到着した場合でも受理されます)

そのほか詳細は、都市イノベーション学府公式サイトの学生募集情報ページを御覧ください。
http://www.urban.ynu.ac.jp/?page_id=141
『常盤台通信 第11号』公開のお知らせ
『常盤台通信 第11号』を公開いたします。

『常盤台通信』は、Y-GSCスタジオに所属する学生の編集・作成による機関誌です。

横浜国立大学都市イノベーション学府では、様々な「スタジオ科目」による、実践的な活動を通じての学びを特色としています。
『常盤台通信』はそのうち、批評を中心としたメディア制作を実際に行う「文芸メディア創作スタジオ」の活動の一環として発行されています。

本号を含めた第10・11・12号は、修士1年生を中心として企画・編集・制作します。


以下のURLよりダウンロードいただけます(直接PDFファイルが開きます)。
http://www.ygsc-studio.ynu.ac.jp/images/blog/tokiwadai_11.pdf


佐藤駿 参加「みちのくアート巡礼キャンプ2016」
佐藤駿 参加「みちのくアート巡礼キャンプ2016」

Y-GSCスタジオ横浜都市文化コース(ポートフォリオコース)修士課程在籍の佐藤駿(さとう・しゅん)さんが、今夏、下記プロジェクトに参加しました。

「みちのくアート巡礼キャンプ2016」
http://art-junrei.jp

リンクのトップページ右側から、レポートブックのダウンロード可能です。
高野徹 監督・脚本 映画『二十代の夏』上映会開催【11/5・27】
Y-GSCスタジオ横浜都市文化コース(ポートフォリオコース)修士課程修了生 高野徹(たかの・とおる)さんが監督・脚本を手がける映画『二十代の夏』が公開、上映会が神戸・横浜にて行われます。
みなさまぜひご参加ください!

・概要
【神戸上映会】
日時:11月5日(土)15時00分~16時30分(14時30分開場)
会場:神戸映画資料館(神戸市長田区腕塚町5丁目5番1 アスタくにづか1番館北棟2F 201)
   http://kobe-eiga.net/
料金:1000円
トークゲスト:野原位(映画監督)

【横浜上映会】
日時:11月27日(日)17時00分~18時30分(16時30分開場)
会場:横浜にぎわい座 地下ホール・のげシャーレ(横浜市中区野毛町3−110−1)
   http://nigiwaiza.yafjp.org/ 
料金:1000円
トークゲスト:六反征吾(陶芸家/Bar六反マスター)

※主催は全て「映画『二十代の夏』制作実行委員会」

◆お問合せ  映画『二十代の夏』制作実行委員会(代表:高野)
       filmoshima@yahoo.co.jp




・映画あらすじ
駆け出し小説家のカズキ(28)は新作執筆のため、故郷の島で夏休みを過ごしていた。ひょんなことから、滞在していたペンションの管理をカズキは任されることになり、宿泊客のレイコ(28)とユカ(24)に出会う。カズキはレイコに昔付き合っていた女性の面影を見出し、いとも簡単に心奪われてしまう。ある晩、酒を飲んでいた3人はユカの奔放な振る舞いをきっかけに大きく衝突をはじめる。